Blog
It's(イッツ) - スタッフブログ

  1. 横浜市の袴や振袖レンタル販売は衣通
  2. It's(イッツ) - スタッフブログ
  3. 振袖の柄紹介part2~It’s(イッツ)相模原店

振袖の柄紹介part2~It’s(イッツ)相模原店

こんにちは!It’s相模原店です!

6月も終盤にさしかかり、もうすでに暑い日が続きますね💦

皆さん夏休みの予定は決まりましたか??

 

さて今回は、前々回に引き続き振袖の柄紹介です!

今日ご紹介するのは、【桜】【手毬】【蝶】についてです。

では、早速紹介していきます☆彡

 

 

まずは【桜】です!

桜は平安時代から日本人に愛され、親しまれてきた日本を象徴する花の一つです。

1

桜には五穀豊穣の象徴とも知られており

【さくら】の【さ】には“稲”という意味があり

【くら】には神が座る、宿る作物の蔵という意味があります。

 

春には沢山の花が芽吹くため、春の花の象徴である桜は

縁起が良い事の始まりや、いっせいに咲き誇る姿から「繁栄」「豊かさ」を

意味します。

 

 

次は【手毬】です!

手毬は華やかさ、可愛らしさから振袖、七五三のお祝着に描かれることが多いいです。

2

手毬は民芸品としても用いられていて「子供がまるまる育つように」、「丸くおさまる」と

意味があり、稼ぎ先での満ちたりた生活、穏やかで平和な日々を祈るという意味で

稼ぎ先に持って行くといった幸福を招く品として現在も残っています。

 

着物の柄としては「魔除け」といった意味もあります。

 

 

最後は【蝶】です!

蝶は古典柄はもちろん、モダン柄としてもよく使われています。

3

蝶は、幼虫→さなぎ→そして美しい蝶へと成長します。

華やかな変容が若い女性達の人生と重なり、ちょうど振袖を身にまとう時期の

若い女性達は、進学・就職・結婚と大きな人生の岐路に立つ時を迎えると思います。

 

この大切な時期を悔いなく生きられるようにと蝶の力が授かれるようにと

願いが込められています。

 

また、空高く舞う様子から昔の人々は「不死」、「不滅」の意味を

託していて、これから人生を切り開いていく女性達も自由に空を昇る蝶に

あやかって欲しいと願いが込められています。

 

以上、振袖の柄紹介 part2でした!!

他にも沢山お着物には柄があるので、是非調べてみて下さい!

 

 

さらに今日6/22~7/8まで相模原店にて展示会開催中です!

夏休み予定でパンパンな方も、お家でゆっくりする予定の方も

夏の思い出として、振袖選びはいかがですか??

 

皆さまのご予約・ご来店お待ちしております♥

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問合せ、ご予約はこちら

TEL:0120-770-686

WEB予約も承っています♪

WEB予約はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レンタルコスチュームIt’s相模原店

定休日:火曜日・水曜日

営業時間:10:00~19:00

フリーダイヤル:0120-770-686